上海国際esports高等教育討論会に当協会が日本代表として参加

上海国際esports教育討論会アイキャッチ画像

2021年4月2日に中国・上海にて上海国際esports高等教育討論会が開催され、日本代表として当協会の鴨志田副理事長が参加致しました。

日本esports促進協会 鴨志田副理事長

上海国際esports高等教育討論会は上海市電子競技運動協会並びに、上海戏剧学院共同主催の元、菁茼(上海)教育科技有限会社の認可を経て開催されました。上海市esports運動協会会長の李伟听、上海市教委体卫艺科处所長の陈华、上海戏剧学院院長の黄昌勇を始めとした来賓方が開幕式に置いて祝辞を述べ、上海を“世界のesports首都”と掲げた目標に向かい、お互いが手を差し伸べ合い協力し合う旨を合意しました。

討論会の様子

討論会では中学及び高等学校におけるesports分野とesports市場との関わりに関して演説を取り交わし、esports産業全体の人材教育や確保に目を向けました。
また、本討論会参加校である清华大学、同济大学、上海戏剧学院、上海体育学院、深圳大学、浙江传媒学院、アメリカニューヘブン大学、イギリスアバーテイ大学、日本京都芸術大学が新型コロナウイルス収束後に向けて、学校間におけるesports交流会や、国際大会の開催に向けた活動を宣言し、未来のesports産業を促進するプラットフォームとしてコミュニティを形成し、esportsの競技人口増加につながる良好なコミュニケーションを持続する意思を確認しあいました。

上海国際esports高等教育討論会では、学校法人における次世代の教育文化にデジタルスポーツという分野が必要不可欠になると考えており、その学習内容・研究内容が世界のesports産業促進に大きな手助けになる事を願って活動を続けると意思を固めました。現在、日本の課題である認知度の拡大や国際的な有名選手の輩出に向けたソリューションを当協会が討論会参加メンバーと共に解決して参ります。

【上海国際esports高等教育討論会参加者一覧(敬称略)】
William Huber 博士 イギリスアバーテイ大学 esports教育センター責任者
鴨志田 由貴 一般財団法人日本esports促進協会副理事長
Jason Chung アメリカニューヘブン大学 esports教育産業 主任教授
严飞  清華大学社会治癒発展教育研究所 所長
柴哲彬 人民日報デジタルエンターテイメント有限会社 副社長
石翔 Esports雑誌編集長
郭茁 菁茼教育連合 創設者
游松辉 同济大学国際サッカー学院 院長
魏平 山东体育大学 副学長
杜友君 上海体育大学 エンターテイメント芸術学院 院長
朱沁沁 上海esports協会秘書長
姜燕冰 浙江传媒学院 エンターテイメント工科学院 院長
刘泽斌 上海視覚芸術学院 技術責任者
郑震宇 华马威中国esports 責任者

関連記事

  1. 中国の四川省esports協会と日中esportsにおける友好的な交流…

  2. 北陸朝日放送の教養番組『おしえて!四千頭身』に当協会事務局長らが先生役…

  3. 香川、大阪のゲーム対策に関しての素案に対する当協会の表明

  4. 『60分でわかる!eスポーツ 最前線』が11月21日に販売開始

  5. 報道に関しまして

  6. 【セミナー情報】一般財団法人日本esports促進協会×HIS eスポ…