13ヵ国が参加する「国際esports連盟」が発足し、当協会が日本代表として連盟参加に調印しました。

2020年1月8日、中国の国策である一帯一路に基づいた国際esportsカンファレンスが7000年の歴史を誇る中国の大都市西安にて開催され、(一財)日本esports促進協会が日本代表として 招待されました。

2019年の当協会評議員・沈梅峰氏が設計した世界最大のesportsアリーナにて開催された「重慶 グローバルE-SPORTSリーダーズサミット」に続き、「シルクロード西安国際esportsカンファレンス」への参加が当協会の2020年の活動はじめとなりました。

本カンファレンスは「西安国家民用航天産業基地(Xian Aerospace Base)」で行われ、中国オリンピック委員会(COC)副主席の刘吉氏や、西安市政府秘書長 黄晓华氏と言った要人を始 め、ブラジル、シンガポール、日本、ロシア、アゼルバイジャン、クロアチア、トルクメニスタン、 ウクライナ、キルギス、ウズベキスタン、カザフスタン、タジキスタンを含む13カ国のesports 協会及び連合の代表が集まりました。それぞれの代表が登壇し、自国のesportsの現状や今後の課題について議論を深めました。

中国オリンピック委員会(COC)副主席の刘吉氏

中国オリンピック委員会(COC)副主席の刘吉氏は、「esportsは新たな可能性を秘めた複合スポーツである。科学技術やエンターテインメント、文化産業、旅行産業にも影響をもたらし、若 い世代のスポーツに新たな歴史と国際性を築き上げた。」と発言し、参加した各国のesports協会及び連合代表に対して「共に手を取り合い世界のesports産業促進の為に協力する」と述べ、「国際esports連盟」の創設が表明されました。本カンファレンスに参加した13カ国は、世界が足並みを揃えた協会づくりを目指し、国際esports連盟へ参加の調印式を行いました。

また、本カンファレンスでは、5年以内にの「国際esports連盟」への参加国を65か国まで増やす事を目標とし、参加各国のesports産業発展の為に一同連携し合い、それに付随するデジタル産業促進に関して騰訊(テンセント)や中央アジア委員会等主要企業及び組合と共に合意いたしました。当協会は「国際esports連盟」の日本代表として、各国epsorts関連組合及び企業の代表者と関係を深め、日本のesports産業促進に対し協力を求め、2020年内に各国と別途調印式を行う意向を示しました。

当協会を代表して副理事長・鴨志田は、日本のesports産業に関する現状やその可能性などを演説し、各国との連携を深めると同時に、日本のesports産業の更なる国際化に対し取り組みを強化していく旨を述べ、2020年に主要esports国際大会の決勝大会を、日本で開催及び誘致する事を発表しまし た。また、ブラジルやロシア、シンガポール等各国を代表するesports連合会代表による演説も行われ、自国の現状やこれからの取り組みに関し表明しました。

本カンファレンスでは、esports関連組合以外にも、esports産業に携わる各ゲームデベロッパーやプラットフォーマーが参加しました。騰訊(テンセント)や中国聯合通信(チャイナユニコム)等が登壇し、5Gや新たな技術革命がもたらす未来のesports産業に関し、その可能性と取り組みに関し表明を行いました。さらに、中国新聞出版研究院デジタル研究出版所所長 王飚氏による「2019年度国際esports産業報告書」の発表では、esportsユーザー数などの基本情報からesports産業がもたらすGDP数値の割合など、現時点での最新データが公表されました。

Jfoto

カンファレンス終了後には、本カンファレンスの会場である「西安国家民用航天産業基地(Xian Aerospace Base)」の視察や、中国国内で人気を高めているゲームタイトル「王者荣耀(Honor of Kings)」などの国際エキシビジョンマッチも開催され、各国のesports選手との交流を深めることができました。

本年が初めての開催となった「シルクロード西安国際esportsカンファレンス」ですが、今後は毎年開催される予定で、当協会は日本代表として、引き続き各国との連携を深め、日本のesports産業促進の為に活動を強化していきます。

関連記事

  1. 決意表明

  2. アジア最大イベント CHINA JOY にてCHINA JOY CUP…

  3. China Joy

  4. 5/25[sat] 一般財団法人 日本esports促進協会 …

  5. 神田明神カップ開催決定!!

  6. 中国の四川省esports協会と日中esportsにおける友好的な交流…